給与体系の歩合制にも種類がある

給与体系の歩合制にも種類がある タクシードライバーの給与体系は主に3つのパターンがあるとされています。タクシー会社によって給与体系が異なるので、自分の希望する条件やどのような働き方をしたいかなどを検証して、それに合った会社を選ぶことも大切なポイントとなります。
給与体系のひとつは、基本給に歩合給と賞与が加算される形態です。タクシードライバーには独特の歩合制というものがあります。これは営業成績によって加算される部分で、基本給に決められた部分を超えた売上げ金額がその対象となりますが、こうした給与体系は近年あまり見られない傾向にあります。次に挙げるのが、完全歩合制でドライバーの頑張り分が一番反映され、売上げに歩合率を掛け合わせたものです。最後が、基本給に歩合給と賞与が加わるのは一番最初に挙げた給与体系と一緒なのですが、歩合給に関してはそのまま月給に反映されるのではなく、一部をストックしておいて賞与に分配するという形式となっているのです。多くのタクシー会社がこの方式を採用しており、営業成績が強く反映されるメリットに加えて、年間を通して安定した給与になるといった魅力点もあります。

タクシーの運転には第二種運転免許の取得が必要

タクシーの運転には第二種運転免許の取得が必要 タクシーは、一般的な普通自動車と同じ操作で運転する事ができます。中には、ガソリンではなくLPガスで動く車体もありますが操作方法は殆ど同じです。ただ、同じ操作方法なのに実は普通自動車免許では運転でいないので注意が必要です。
タクシーを運転するためには、第二種運転免許が必要になってきます。お客を乗せて運転する際は、この第二種運転免許が必須なので注意してください。この免許を取得する際は、満21歳以上である事が一つ目の条件になっています。満21歳以上で他の二種免を持っていれば、試験を受けることも可能です。もし持っていない時は、満21歳以上で第一種を取得してから3年以上たっている事が必要です。この他にも、この二種免の試験を受けるためには様々な条件があります。視力は片眼で0.5以上、両目で0.8以上という決まりがあるので注意が必要です。こうした細かな決まりがあるのは、他人を乗せて営業を行うための責任能力が求められるからです。

新着情報

◎2019/6/26

給与体系の歩合制にも種類がある
の情報を更新しました。

◎2019/3/19

人通りの多い通りで探そう
の情報を更新しました。

◎2019/3/8

サイト公開しました

「タクシー 歩合制」
に関連するツイート
Twitter